定年後に社会の役に立つこと。アニマルセラピーデビュー!

お疲れ様!櫻子! ペットとの生活

社会の役に立つことを考える

定年後、多くの方がなんらかの形で社会に貢献できることはないか、
考えるのではないでしょうか?
特にいい恰好をするわけではないのですが、
これまでサラリーマンとしてお世話になった社会に恩返しがしたいという、
そんな気持ちになる方が多いのです。

私はペットである犬と妻と暮らしています。
かつては3匹いた犬も今では1匹になってしまいました。
この子(以降、櫻子と呼びます)は
大人しくて優しい子なのです(親ばかですが・・)

そう、親ばかが原因で櫻子はアトピーにかかっています。
多分、多くの人間の食べ物を私が与えたからだと思います。
お酒を飲まない妻に代わって私の晩酌のお供をしてくれて
いました。

今では2回/月の病院通いです。

ある日、病院で

あるひ、櫻子が通っている病院でアニマルセラピーのセミナー募集の
チラシが目に入ってきました。
なんでも、市の助成金でやっているので無料で参加できるとのこと。

早速電話をしてセミナーに申し込みました。

すると1回/月のセミナーに参加してから実際のセラピーに参加できる
というような内容でした。

このように、何かをやりたいと思っていると
勝手に無効から情報はやってくるものですね。

セミナーで学んだこと

まず、犬のことを良く知るということでした。
犬の身体的特徴や進化の歴史、人間との関わり合いの歴史。

そして、しつけ方。
クリッカーと呼ばれる押すと音のでる道具とおやつとで
犬を自分の思うとおりに動かすこと。

動かすといっても、ただ自分のとなりでお座りして
待てるようにするだけなのですが・・

これまで甘やかせすぎた私の言うことなど
一向に聞く気がないようです。
櫻子には。

私もあまり櫻子をコントロールしなければ・・
というような気持ちがないので、うまくいきません。
それはそうですよね、うまくコントロールしようなんて
気持ちがないのですから・・

一番学んだことは食事でした。

犬の祖先は狼なので、肉食なのです。
ですから肉主体の食事にすべきなのです。

病院で薦められるのはドッグフードです。
しかし、ドッグフードには多くの添加物が
使われているので、それらが身体にどのような
影響を及ぼすのかわかりません。

人間ではその使用が禁止されている添加物も
使われています。

講師の方の一言が刺さりました。

「あなたはそのフードを食べられますか?」

それからはお肉を主体とした食事に変えました。
うま、しか、ぶた、カンガルーなど。

ときどき、ドッグフードをまだ使ってしまいますが、
いまあるものがなくなったら手作り食にしようと思います。

セラピーデビューしました!

できの悪い飼い主のまま、セラピーデビューの日を迎えました。

養護学校の生徒さんたちとの触れ合いです。

ここは重度のお子さんが多いところです。
車いすに乗ったお子さんが多かったです。

犬は2グループに分かれます。
車いすから降りたお子さんと触れ合うのは小型犬。

車いすに乗ったままのお子さんと触れ合うのは
大型犬。

中型犬の櫻子は?
どちらでもいけます。

この日は大型犬が少なかったので、
車いすのお子さんと触れ合うグループへ。

聞こえづらい、話しにくい、動きにくい、
そんなお子さんたちですが、なんとかして
犬たちと触れ合おうとする気持ちは伝わってきます。

ある男の子が櫻子を膝に乗せたいとの意思表示が
あったので、私が櫻子を抱っこして乗せてあげました。

その子は喜んでくれたのですが、
主催者の方から
「それはやめて!」
と注意を受けました。

何が悪かったのか・・
いまでもわかりませんが、私はそのまま
養護学校の先生が写真を撮り終わるまで
そのまま膝にのせておいてあげました。

これからも続けます。適度に

櫻子はだいぶ疲れたようです。

帰ってきてからはいつもより横になっている
時間が長いようです。

お疲れ様!

犬たちは私たちが心配するよりも
お子さんたちになじんでいたようです。

いつもなら私たちにでも吠えてくる犬も
いましたが、その子も大人しく
子供たちと触れ合っていましたし。

犬は私たち以上に感じ取っているのでしょう。
養護学校のお子さんとどのように接したらいいのか。

これからも櫻子が疲れないようにサポートしながら
参加していきたいと思います。

櫻子のおかげで、少しでも社会に恩返しができそうな
気持ちになってきました。

ありがとう、櫻子!

コメント

タイトルとURLをコピーしました