定年後にペットとの生活に癒されています!仰向けに寝る櫻子

定年してからペットとの生活に癒されています。
チョコとのお別れはつらかったのですが、
残された櫻子には癒されます。
小さな時にうちに来た櫻子。
来た当時はミニチュアダックスのチョコやティーナが
いたので、その後ろから遠慮がちに私たちの方を
見ていた姿を思い出します。
そのティーナとチョコが旅立ったあと、
一人ぼっちになった櫻子はさぞかし寂しいことだろうと
思っていたのですが・・
そうでもないのかも・・
一人になってのびのびしているのかも知れませんね。

櫻子はよくこんな格好で寝ています。
犬があおむけに寝るなんて、私は自分の家で犬を飼って初めて知りました。
見ているとなんだか苦しいような気もするのですが・・

でも気持ちいいのでしょうね。
おなかを見せて寝ているのは
リラックスしているからだとか聞きました。

いやいや服従している様子なんだとか
いろいろな意見があるようですが、
私には安心しきっているように見えます。

犬の発するシグナルは人間のそれとは異なるので
注意すべきとのお話を聞いたことがあります。

 

例えば、あくび。

あ、今「あくび」をしたからこの子は眠いんだ!
と思うとそうではないことがあるようです。

あくびの原因のひとつは緊張です。
これは人でもそうかも知れませんが、
緊張するとあくびが出るのだそうです。

 

あくびをしているあなたのワンちゃんは
「眠い」のではなく
緊張しているのかもしていませんよ!

どうぞリラックスさせてあげてくださいね。

 

ひとりになってしまいましたが、

櫻子には安心してこの家で過ごしてほしいと思います。
だから私にはどんな格好をしていてもいいので、
いつもリラックスした状態でいてくれたらうれしいのです。

でも、私ならこんな恰好はしないかも?
足を支えるものが何かあればいいのですが、空中に浮いてますもんね!
これはしんどいような気が・・

いい夢見ていてくれたらうれしいです!

犬にリラックスして過ごして欲しいと思ったら
飼い主側もリラックスしていることが大切です。

 

飼い主さんが緊張している心理状態を
愛犬は鋭く察知するのです。

ですから愛犬にリラックスしてもらいためには
まずあなたがリラックスしてくださいね!

定年後は愛犬とゆっくりと時間が過ぎるのを
楽しむといいですよ!

 

コメント