定年後に出会ったペットとの生活。楽しい3姉妹の長女です。

かっこよくないですか?
これが定年後の私の生活を楽しませてくれる、
三姉妹の中の長女、櫻子!

後は2人の孫娘になります。
なんだか貫禄がありますね。

私の上司のような存在です。

櫻子のご飯とシャンプーは私が担当しています。
でも、時々吠えられます。

なんでもない時に、私が触るから・・
ようするに余計なことをすると叱られます。

仕方ないですね。

家内には私が櫻子になめられている!

と言われます。

多分そうです。

犬は階級を作ります。
恐らく、私は一番下なのでしょう。
でも、私はそれでもいいのです。

よく、「自分が何をしたいのかがわからない」
よおっしゃる方がおられますが、
私はこの子たちと出会ってわかりました。

私がやりがいを感じることは
私の家族が「楽しんでいる」姿を見ることなのです。

まずは家内とこの子と3人で仲良く暮らしていけたら、
そして、家内とこの子が楽しんでいる姿をみられたら
それでいいのです。

時々、孫が絡んできます。

私の孫は4人いますが、よく家に来るのは
ご多分にもれず、娘の子供。

ここは女の子二人で、櫻子をいれたら3姉妹になります。

時々、もめごとも発生します。

そんな姿を見ていると、ほのぼのとした一日を過ごすことができます。

なにげない、一日。
それを幸せと感じる、何気ない一日。

そんな一日が続いていくことを祈っています。

ペットって人間の言葉は話せません。
当たり前ですが。

だから、人間の方がその気持ちを
察してやらなければなりません。

また犬が笑うことはありません。
(尻尾を振っているからと言って喜んでいる
とは限らないそうです)

ですから、喜んでくれていることが
伝わってくるようになるまで
スキンシップを重ねることが必要です。

でも、それは苦労でも、努力をしなければ
ならないことではなく、
こちらが愛おしく思っていると
伝わってくるものなのです。

楽しそうに暮らしているペットも
一緒の家族の姿を今日も見られること
それが私にとっての幸せなのです。

 

でもね、自分の独りよがりになっては
いけません。

常に相手が喜んでくれているかどうか
確認することが大切です。

誰かの役に立っていること
それを確かめることが
私にとってのやりがいなのですね。

そのことを教えてくれた
櫻子と孫たちに感謝しながら
今日もじいやは楽しく
すごさせてもらいます!

今日も楽しく!

Follow me!

コメントを残す