日本体操協会に見る大人の未熟さ

今思うこと

大人が守ろうとしているものは?

18歳の宮川選手の記者発表に対して
感想を述べることができないとした日本体操協会の
記者会見における大人の不自然な発言。

体操協会の大人が守ろうとしたものは何?
大きな組織の会長の意思に逆らうと人生がなくなる?

そんな悲壮感を体操協会の大人から感じました。

それに引き換え、
宮川選手は単に体操をやりたいという気持ちを素直に表現していました。

大人の役割は?

大人の役割の中の一つに
子供が健全に育っていくことを見守ってあげることではないのでしょうか?

昨日の記者会見で体操協会は宮川選手の体操競技における評価に関しては
何ひとつ言及しませんでした。

18歳の少女が勇気を振り絞って記者会見に関しても
「感想はなし」
との回答。

体操協会の役員に「感情」は感じませんでした。

ロボットが台頭してくることがささやかれていますが
その必要なないようです。

すでに日本の大人は「ロボット化」していて
自分の感情は失ってしまったようです。

何が大切?

日本体操協会は何をしたかったのでしょうか?

私の感覚は宮川選手を体操競技から排除しようとしているとしか
思えません。

起こった事実に対する対応は問題ではなく、
宮川選手個人の気持ちはどうなるのでしょうか?

そもそもパワハラは受けた個人が感じること。
被害者である宮川選手がパワハラと感じていないのに
協会はなぜパワハラと断定したのか?
しかも、被害者である宮川選手の聞き取り調査も十分ではなかったのに

日本体操協会は「パワハラ」という言葉から「暴力問題」に
替わってきています。

暴力を認めることはいけません。

しかし、納得できる説明ができていないことは事実です。

当該のコーチも出てこないのも不自然だし・・

なぜ会長は逃げる?

これまでスポーツ選手は個人が表に出てきて
記者会見をしており、その真摯な姿には
心を動かされるものがあります。

しかし、協会の会見は必ず責任者である「会長」の
姿は出てきません。

ホントウは「会長」っていう人は存在していないのでは?
と感じるほどです。

協会として正しいことをやっていると思うのであれば
責任者がしっかりと説明すべきであろうと思います。

なぜ責任者が出てこないのかなぁ?

暴力の問題は別として、協会からパワハラを受けたと言っているのです。
私もテレビで記者会見を見て知りました。

しかし、協会の専務理事は「聞いていない」との答え。
そんなわけないよなぁ。

大人は早く大人になりましょう!

なぜ、大人は子供から見て「頼りない」と思われるような
対応をするのでしょう?

子供は大人の背中を見て育ちます。
今、私たち大人は大きく反省すべきだと思います。

子供から見て「頼られる大人」にならないといけないと思います。

なぜ、素直に生きていけないのでしょうか?

大人はこの日本をどうしたいと思っているのでしょうか?

まだ事実がすべて出ているわけではありませんが、
一人の大人として、今感じたことを記しました。

なぜ事実がすべて出てこないのかも問題があるように感じます。

今後、このテーマを体操協会のこととしてではなく、
大人の「自分」としてこの問題や、これまでの日大アメフトの
問題や、レスリング協会、ボクシング連盟、日本の省庁の
障碍者雇用水増し問題、加計・森友問題など
子供ではなく大人がやっていることはこの国が進む方向として
正しいのかどうかを考えておきたいと思います。

子供のように大人は「素直」になってはいけないのかなぁ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました