ブログを始めたきっかけ

母の教え

私は39年間務めた企業を定年退職して4年が過ぎました。

現役時代は仕事、仕事、仕事。

世間では老後の不安がささやかれてはいましたが、

これだけ仕事を頑張っているのだから

自分は大丈夫だろうと思っていました。

前回にご紹介した、私の母が幼い私に教えてくれたことは

いい学校を出て、いい会社に入ったら将来は安泰だ・・

でした。

いい学校ではありませんが、そこそこ勉強も頑張り、

それなりにいい会社に入って39年。

母親のいいつけは守って生きてきました。

異なる景色

そして迎えた退職。

ん?なんか違うなぁ。

現役時代は私はほとんどが会社との往復だったので

気がつきませんでしたが、見える世界が違うのです。

現役時代の私は「会社」というブランドがありましたが

もうそれはなかったのです。

でも自分の気持ちの中ではずーっと残っていたのでした。

1年間はゆっくりしよう!

そう思って、家内と一緒に旅をしました。

そんなに何回もではないですよ。

楽しかったです。

でも1年たってみると、やはりこのままでは

生活が立ち行かないなぁ。

なにせ、現役時代の半分くらいの収入で

生活するわけですから。

加えて私には住宅ローンがまだ残っています。

どうするか?

起業を決意

そうだ!起業しよう!

それも家内のやりたいことで。

これは、普通に考えると、家内よりは

私の方が先に死ぬことになるはずなので

そうなっても大丈夫なように、

と考えたのです。

しかし、なかなか稼げるようにはなりません。

そうこうしているうちに、退職金も

底をついてきました。

インターネットの中には「甘い」誘惑がいっぱいです。

「一日30分の作業で月収50万円!」

なんだ、ネットを使ったらそんなに簡単に稼げるんだ!

いろんな教材に取り組みましたが、

そんな簡単に稼げるものはありませんでした。

そんな中でも、この人なら信用できる!

と思えるものもいくつか見つけましたが、

その方たちの中で

「簡単に稼げる」

という人はいませんでした。

お別れ

むしろ、

「簡単に稼ぎたい人は来ないでください」

と言ってました。

一方で生活も激変です。

現役時代に疲れをいやしてくれていた

2匹の愛犬とお別れしなければならない時が

現実のものとなってやってきたのです。

つい4か月前に2匹目を見送りました。

つらかったです。

泣きました。

自分の父親の時には気が張っていて

涙も出ませんでしたが、

愛犬たちを見送ったときは

傍目もはばからずに泣きました。

新たな人生です

親の介護も始まりました。

あんなにしっかりしていた母親の

認知症がひどくなっていく様を見ながら

人生って?生きるって?

本当に考えました。

人はどこからきて、どこへ行くのか?

人はなんのために働いているのか?

自分って何なんだろう?

今の私は3歳くらいの赤ん坊ですね。

それなりに社会を経験した赤ん坊です。

本当に生きることの意味や、

自分が誰なのか、

どこからきて、

どこへ行こうとしているのかも

わかっていないことに気が付きました。

その答えはいまもまだありません。

しかし、あと数年で定年を迎えるといった

ステージにある方には

私を「反面教師」としてみていただき、

スムーズにリタイヤして

楽しい人生を送っていただくため、

わずかながらでも参考になればと思い

このブログをはじめました。

参考になるところは参考にしていただき、

笑い飛ばすところは笑い飛ばしていただき、

叱るところはご叱責いただき、

泣くところは泣いていただきながら

気軽にお付き合いいただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。

コメント