65歳にしてようやく気づいた!自分らしく生きることの意味が。

じいやは65歳になりました!

4人の孫に囲まれて幸せに過ごすじいやです。自分の人生を楽しむよう奮闘しています。

私は今年65歳になりました。
年を越せば66歳になりますが(笑)

65歳ってなんだかけじめの歳のような気がしています。
私の上司が亡くなった歳でもあり、母や義母とも一周忌のお別れをしました。

定年してからこれまで多くの学びがありました。

FPの資格をとったり、投資を学んでみたり。
ホームページの作り方を見よう見まねで始めて、いまではWordpressに行きつきました。
個性診断の講師や原田メソッドの認定パートナーにもなりました。

多くの起業家の方に学びました。
みんな企業の研修などもやっておられますが、「会社員」のことを良く言う方はいらっしゃいません。
そんな奴隷の生活をするよりも、こっち側へきて私の奴隷になりなさい!って。
結局、どうなっても同じなんです。

自分の意志で決断し、選択しなければ!

自分らしく生きる!ということは?

ということで、65歳にしてようやく「自分の頭で」「自分のこころが感じる方へ」舵を取る決断をしました(おそ!)

私には残された時間は多くないと感じています。
だって、ネクストバッターズサークルにいるのですから。
この世で残された時間を存分に楽しみたいと思います。

基本は家内と始めた結婚相談所をベースに自分のやりたい活動へ繋いでいくこと。
そして、次の社会づくりに貢献できることに関わること。
自分の趣味といえるものを充実させること。

この3つをやっていきたいと思います。

その根底にあるのは「死」を意識すること。
「死」を迎える準備なのです。
そう、「その時」に後悔しないように!
あちらへ行って、今と同じように、「あんなふうにしておけばよかった!」なんて思わないようにしたいのです。

最近学んで気が付いたこと。
それは物事には両面があるということ。
良い/悪いや陰/陽ではなく、こちらの面/反対の面、ですね。
どちらも本当なんです。

どちらととらえるかは自分次第。
誰かの目を気にする必要はないのです。
自分で選択し、自分で決める。
なんだかいい感じ!・・だと思いません?

「ラク」して生きることをやめます!

では、なぜその「いい感じ」をこれまでやってこなかったのでしょう?
組織では上司のいうとおりの方向で活動し、それなりに評価を得てきた。
自分と意見が異なったのしても組織を優先してすごいストレスを感じながら頑張ってきたんだ!
って私は思っていました。

でも、それも自分が選んだこと。
自分が選んだことでストレスを受けるってなんだか変ですよね?

今までは・・・ただ・・・

「ラク」して生きてきたってこと!

失敗しても自分が決めたことではない。
上司が決めたことをやって失敗したんだから私のせいではない!
世間的に一般常識と思われる基準で自分はやってきた。
そうではないと思う自分を押し殺してまで。
自分はつらい思いをして世間に合わせてきたのに、社会がおかしくなったから自分は苦しいんだ!

そんな言い訳をしていたんですね。

これまで「自分」として生きていなかったんだと、ようやく気が付いたのです。
それがこの1-2年、ちょうど65歳の境目でした。

素晴らしい「その時」を迎えるために!

自分の思うとおりに生きるって、今さらつらいことかもしれません。
でもそうすることで、「その時」に思い残すことなく旅立てるんではないかなぁって思うんです。
私に残された時間がどれくらいかはわかりません。
明日、その時が来るかもしれません。
それまでに自分らしく生きていられないかも知れません。

でも、それに気づけたことに、今は少し安心しています。

これからは自分として楽しい人生を歩みます。
思い残すことなく、関係していただいた方々に感謝しながら「その時」を迎えるまで。