ペットとの生活

スポンサーリンク
ペットとの生活

定年後に社会の役に立つこと。アニマルセラピーデビュー!

定年した多くの方が考えるのは、何か社会の役に立つことはできないか?ということではないでしょうか?現役の時よりは多くの時間が使えるのです。これまで、サラリーマンとしてお世話になった社会に貢献できることはないか?私はアニマルセラピーにデビューしました。
ペットとの生活

アニマルセラピーのセミナーを終了しました。

定年してから我が家の犬たちとの距離も短くなったように思います。もともと3頭いた犬たちも今では櫻子だけになりました。この子との人生を楽しみたいと思います。3か月間のアニマルセラピーのセミナーを受けました。できの悪い飼い主ですが定年後の人生を犬と楽しみます。
ペットとの生活

定年後に出会ったペットとの生活。楽しい3姉妹の長女です。

定年後に出会った楽しい生活。その中心には家族がいます。とりわけ、孫と犬と。この子たちが楽しく過ごしてくれている様子を見ることが私にとっての生きがいなのです。私は家族が楽しく過ごしている姿を見ることで、自分の存在価値を感じています。この子たちに感謝です。
ペットとの生活

定年後に癒されるペットとの生活。犬って肉食なんですね。

ペットって飼っている人にとっては家族です。でも、日本の社会から見れば「貨物」扱いなんですね。ペットの食事にしても、「餌」なんです。つまり、長く健康で生きていきましょう!というような目的のものではないのです。ペットの食事を手造りにしました。位置にでも長く一緒にいたいので。
ペットとの生活

定年後に癒されるペットとの生活。櫻子、減量に挑戦です!

櫻子はコーギーと柴犬のミックス犬です。今年の初めに獣医さんで体重を計ると16.9kg。肥満度MAXとの診断が。ティーナとチョコがいなくなってから私の晩酌の相手は櫻子だったのです。そのせいで櫻子の肥満度がMAXに。これから櫻子の減量に取り組みます。
ペットとの生活

定年後にペットとの生活に癒されています!仰向けに寝る櫻子

定年後にペットとリラックスして過ごす。理想のライフスタイルですね。でも、愛犬のしぐさの意味は人間のそれとは異なることがあるのです。常に愛犬の気持ちを正しく理解しながら、あなたもリラックスしてくださいね。あなたがリラックスしていると愛犬にも伝わりますよ!
ペットとの生活

定年後にわかったペットとの生活の知恵。朝が苦手な櫻子もダイエットです!

櫻子は朝が苦手です。私が起こすまでは寝ています。ちょっと低血圧かもしれませんね。ひょっとすると肥満が影響しているのかも? 肥満については食べるものでコントロールしていく予定です。人間と同じで痩せてくることで活動が活発化することでしょう。私も櫻子とともに頑張ります!
ペットとの生活

定年後に世の中のお役に立つために|セラピーセミナーを受けました

定年後に考えた、なんとか世の中のお役に立てないか?ということでした。ふと家の中を見ると櫻子が。この子は本当にいい子です。おとなしいですし。この子ならセラピー犬になるのでは?あるときかかりつけの獣医さんに行くと、セラピーのボランティア募集の張り紙が。応募しました。
ペットとの生活

定年後にペットから死を学ぶ|安楽死を考える

愛犬チョコの死をまじかに迎えうろたえた私。ふと頭をよぎったのは安楽死。もう苦しまないで!そう思う一心でした。でも、チョコは私に訴えたいことがあったのでしょう。あの形相が私の頭から離れません。安楽死を選んでいたらあの形相はなかったのかも?私の脳裏に焼きつきました。
ペットとの生活

定年後に知る命の大切さ。ペットに教わる絆。

定年後に迎えた愛犬の死。定年後には私と妻の間に入って潤滑油のような存在でした。犬は特に我慢強いので、ぎりぎりまで踏ん張ります。強いのです。人間の方が弱いのでしょうね。これまで頼り切っていたような気もします。これからは私たちが強く生きていく決心をしました。
スポンサーリンク