母のその後

今年の2月に救急搬送された母。

その後、介護施設が併設された医療型施設に移されました。

移ってからほぼ一ヶ月が経過しました。

なかなか口から物が食べられず、先日まで点滴で

栄養を入れていましたが、それも発熱の原因となるので

続けることができません。

昨日、先生から相談を受けて

今度は腸に直接栄養を入れるようにしてみると。

本来は延命は希望していませんでしたが、

昨日母は私の顔を見ると写真のような笑顔に・・

私を認識できての反応かどうかはわかりませんが、

この笑顔が出る限りは生きながらえて欲しいと思い、

腸への直接栄養補給を承諾しました。

このような処置を決断できるのは

今となっては私だけ。

この栄養補給ができなければ

恐らく1~2週間で母は旅立つことになるのでしょう。

つらいけど、旅立ちまで時間をくれていることには

感謝しなくては。

せめて姉が来る5月末まではこのままの笑顔でいて欲しいものですね。

Follow me!

コメントを残す